キャニオニング 1dayコース

予約 | ラフティング | ハイドロ | キャニオニング | カヌー | レスキュー

半日コース | 装備・器材 | 写真その1 | 写真その2 | 動画・ビデオ

サファリ・シアター | 開催と中止 | 池田の最高気温

キャニオニング02

滝の宝庫!大小のスライダーと20mの滝下りに挑戦!

キャニオニング1DAYコース

Canyoning 1day course on the upper Omiya-dani creek

沢あそび探検コース

沢あそび時間/3時間30分前後

1日コース

参加費(税込)/ 12,500

キャニオニング半日コースは、高さ約20mの竜ヶ滝(三の轟)で、引き返します。
実はこの滝の奥も素晴らしい渓谷が続いています。この奥の渓(たに)を3時間以上かけて下るキャニオニングを開催します。
6個所の滝と岩壁(3M、背面、ミニ、7M、6M、2M)ではスライダーを楽しみ、2個所の滝(6M、20M)ではロープと下降器を使用して懸垂(けんすい)下降(別名、アブセーリング、ラぺリング)に挑みます。 あいまの清冽な淵でのんびり、進むごとに変わりゆく景観をご堪能ください。

コースの大宮谷は滝の宝庫!人知れずたたずむ、素晴らしい滝に会いに行き、触れ、体感してください。

現地に行く前に、サファリの施設内で、懸垂(けんすい)下降の訓練を行います。

登山口から沢の下り始めまで、約30分のトレッキングです。最初の約10分が急な登りなのでガンバってください。

沢の上流に到着したら、いよいよキャニオニングスタート、沢歩き、大小の滝スライダー、懸垂下降で、大宮谷川を満喫ください。

ゴール後、車で数分のトイレのある休憩所に移動し、少し遅い、昼食をとってください。

サファリに帰着して着替えたら、ツアー中にデジタルカメラで撮影した写真・動画を液晶プロジェクターにより100インチのスクリーンにて上映会を行います。 別なアングルから、キャニオニングを振り返りましょう。

ツアー中、撮影した写真を販売いたします。

開催期間/ 5月中旬〜9月下旬(気候により伸縮します)
除外日:7月16日〜9月の土日祝日、8月13日〜16日

開催予定場所/ 徳島県三好市池田町・祖谷渓大宮谷

参加費に含まれるもの/ 器材一式(ウエットスーツ上下、ライフジャケット、専用シューズ、ヘルメット、 ハーネス、スイミングゴーグル)レンタル料、ガイド料、軽食(おにぎり)、傷害保険加入料
注:昼食は軽食(おにぎり)です。足らない方は、持参ください。キャニオニング中は冷暗所にて保管しますが、いたみやすい物はご遠慮ください。

参加対象/ 16才以上の健康な男女。ただし、身長120cm以上、足のサイズ21cm以上

注:約30分のトレッキングを含め、ある程度の体力が必要です。最大約20mの滝を下りますので、高所に不安な方はご注意ください。
また、トレッキング途中には足場の悪い、ガレ場があります。転落や落石の危険がありますので、あらかじめご承知ください。

最大定員/ 8名

最小開催人数/ 2名

中止・変更/ 雨天でも開催しますが、増水・悪天候の場合はコースを変更、または中止する場合があります。
局地的な豪雨の際は、スタート地点やコース途上で、中止し、引き返す場合もあります。あらかじめご承知ください。

持ち物

必携品/
□水着(またはぬれてもよい下着)
□タオル

おすすめ品/
□着替え
□メガネの方はメガネバンド
□コンタクトの方は外すか、スイミングゴーグル(無料レンタル品あり)
□健康保険証(もしケガされて診察治療を受ける際、スムーズな会計処理を受けるためです。)

注:最初に施設内で懸垂下降の訓練をしますので、動きやすい服装でお越しください。

午前 キャニオニング1日コース行程表
8:20 JR阿波池田駅、または阿波池田バスターミナル 集合(送迎は必ず事前にご予約ください。)
※周辺の宿泊施設(車で30分以内)からの送迎も可能です。
8:30 サファリ 集合(お車での集合場所)
 ※指定の無料駐車場をご利用ください。
受付けの後、ハーネスとヘルメットを着用して、サファリ施設内にて、懸垂(けんすい)下降の訓練をします。
9:50 着替えの後、専用車でスタート地点へ
10:30 登山口に到着
装備を付けたら、約30分のトレッキングです。最初の10分ほどが急な登りですので、がんばってね。
11:00 キャニオニングのスタート地点は、小滝が注ぐ清らかな泉。トレッキングで熱くなった体をクールダウンしてください。
ここから沢を下り始めます。すぐに高さ約6mの滝。ロープと下降器を使用して懸垂下降。扱い方と、体の動かし方を試します。 崖を横に移動して、滝を浴びてみてください。
直後には、約3mの垂直スライダー、お好みの姿勢でトライできる背面スライダー、ミニスライダー、約7Mの岩スライダーなどを経て、溝状の約6mのスライダー!少し勇気が必要です。横の岩をクライミングすれば、繰り返しトライもできます。飛び込んでもOKです。
清冽な淵で泳いだり、飛び込んだりもできます。
木々に覆われていた沢が、下るにつれ、両岸とも岩肌に代わり、函(はこ)状になってきます。ふたのない箱の中を歩いているよう感じです。約2Mの滝スライダーを滑ると、 箱の出口が、高さ約20mの竜ヶ滝(三の轟)の落ち口になります。
ロープのシステムを構築したら、いよいよアブセーリング=懸垂下降!1人1人挑みます。その高さや、爽快感、壁歩きや、ぶら下がりなど、存分に堪能してください。
先に降りた人は、待っている間、岩からの飛び込みも楽しめます。
全員降りたら、高さ約5mの修験(しゅげん)滝をダイブ!そのまま、沢沿いに10分ほど下れば、ゴールです。
14:30頃 車で数分移動し、眺めのよい休憩所で、食事タイム。お手洗いもあります、
15:30頃 サファリ帰着。着替え、上映会&アフターミーティング。
16:20頃 解散(予定)。
※解散後、希望者は近隣の入浴施設をご利用いただけます。
16:30頃 JR阿波池田駅・阿波池田バスターミナル 解散(予定)

※各解散時間はあくまで予定です。人数や、進行状況により、30分以上前後する場合があります。あらかじめご承知ください。